ロト7とは
 - LOTO7(ロト7)通信


ロト7とは

「ロト7」は、1~37の37個の数字の中から異なる7個の数字を選んで購入します。
1等の当せん金は最高8億円です。

クイックピックツール
次回の当選番号予想



ロトの種類

ロトには3種類あり、数字を選ぶ数に違いがあります。

1~37 の数字から 7個を選ぶ「ロト7(セブン)」
1~43 の数字から 6個を選ぶ「ロト6(シックス)」
1~31 の数字から 5個を選ぶ「ミニロト」

ロト7の特徴

ロト7の最大の特徴は、「ロト6」同様、「キャリーオーバー制 」が採用されていることです。
キャリーオーバー発生時には宝くじ史上最高の8億円もの超大型当せん金が期待できる宝くじとなっています。

ロト7の魅力は購入者が自分で数字を選択でき、当せん金額が発売額と当せん口数によって変動する点です。

売り切れがなくいつでも好きなだけ買うことができる点などはナンバーズと同じです。

1口あたり200円で、抽せんは毎週火曜日に行われます。

ロト7の買い方と申込み方法

1 から 37 までの 37 個の数字の中から選んだ異なる 7 個の数字を選びます。

売り場で申込数字を選び、ロト7用申込カード(マークシート)に記入して購入します。
1枚の申込カードで最大5通りまで、また申込内容全体について最大10口まで申し込めます。
さらに5回先の抽せん分まで継続して購入することができます。

数字を選ぶのに迷ったら、「クイックピック」にマークすれば、コンピューターが自動で 7個の数字を選びます。

ロト7の当せん条件

理論上の当せん金は、1等で約4億円、2等で1,000万円です。

  • 1等: 7個の数字が一致
  • 2等: 6個の数字が一致+ボーナス数字の1個が一致
  • 3等: 6個の数字が一致
  • 4等: 5個の数字が一致
  • 5等: 4個の数字が一致
  • 6等: 3個の数字が一致+ボーナス数字の1個以上が一致

キャリーオーバー制とは

キャリーオーバー制とは、当せん者がいない等級の当せん金総額、および一口あたりの当せん金があらかじめ定められた最高額を超えた場合の超過額を、次回号の1等当せん金に繰り越す制度です。

ロト7の1等の当せん金は前回からのキャリーオーバーがない場合は最高4億円、キャリーオーバーがある場合は最高8億円と決められており、これまでにない高額当せんが期待できるという魅力があります。

ロト7とは





ロト7 の当選条件
「ロト7」は、1~37 の 37 個の数字の中から、異なる 7 個の数字を選びます。
等級当選の条件
1等数字が 7 個が一致
2等数字が 6 個が一致+ボーナス数字の1個が一致
3等数字が 6 個が一致
4等数字が 5 個が一致
5等数字が 4 個が一致
6等数字が 3 個が一致+ボーナス数字の1個以上が一致
1等の当選金は最高4億円、キャリーオーバーで最高8億円です。

キャリーオーバーとは
キャリーオーバーとは、1等の当選がない場合、次回の当選金に繰り越すことです。

「ロト7」の1等の当選金は最高4億円ですが、キャリーオーバーになると次回の当選金が最高10億円になります。

キャリーオーバーがあるのは、ロト7とロト6だけです。

※平成29年2月3日(第198回)より、キャリーオーバー時の1等当選金が 8億円から 10億円になりました。

クイックピック数字
次回の当選番号予想



Copyright (C) LOTO7(ロト7)通信 All Rights Reserved - お問い合わせ -