ロト7が銀行ATMで買える?
 - LOTO7(ロト7)通信


ロト7が銀行ATMで買える?

みずほ銀行などの都市銀行、北海道銀行、群馬銀行、大垣共立銀行、スルガ銀行などの地方銀行のATMでロト7が購入できます。

取扱う宝くじは、ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ3、ナンバーズ4の5種類です。
ロト7  ロト6  ミニロト

ジャンボ宝くじは取り扱っていません。

銀行ATMでロト7を買うメリット

銀行ATMでロト7を買うメリットは次の通りです。

銀行ATMでロト7を買うメリット
  • キャッシュカードで購入し、代金は普通預金からの引落し
  • 宝くじは銀行で保護預かり
  • 当せん金は、口座に自動振込

キャッシュカードを使い、ATM画面の指示に従って入力して購入します
宝くじ売場まで行かずに、手軽にATMで購入することができ、購入した宝くじを失くす心配もありません。

銀行が当せんの有無を確認して、当せん金を振り込んでくれます。
自分で当せん番号を確認したり、窓口に当せん金を取りに行く手間が省けるのもメリットの1つです。

クイックピックツール
次回の当選番号予想



ロト7が買える銀行ATM

ロトが購入できるATMにはステッカーが入り口付近等に貼ってあります。

ロト7が購入できるATMのステッカー

自分で当せん番号を確認したり、窓口に当せん金を取りに行く手間が省けるのもメリットの1つです。

都市銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

  • 地方銀行
  • 北海道銀行 (北海道)
  • みちのく銀行 (青森県)
  • 足利銀行 (栃木県)
  • ちば興銀 (千葉県)
  • 群馬銀行 (群馬県)
  • 第四銀行 (新潟県)
  • 福井銀行 (福井県)
  • スルガ銀行 (静岡県)
  • 大垣共立銀行 (岐阜県)
  • 紀陽銀行 (和歌山県)
  • 京都銀行 (京都府)
  • 広島銀行 (広島県)
  • 山陰合同銀行 (島根県)
  • 四国銀行 (高知県
  • 福岡銀行 (福岡県)
  • 十八銀行 (長崎県)
  • 肥後銀行 (熊本県)
  • 大分銀行 (大分県)

  • ロト7が購入手続可能なATMかどうかを確認してください。
    また、各銀行と設置されているATMの稼働時間やATM操作方法が違ってくるので注意が必要です。

    ロト7とは






    ロト7 の当選条件
    「ロト7」は、1~37 の 37 個の数字の中から、異なる 7 個の数字を選びます。
    等級当選の条件
    1等数字が 7 個が一致
    2等数字が 6 個が一致+ボーナス数字の1個が一致
    3等数字が 6 個が一致
    4等数字が 5 個が一致
    5等数字が 4 個が一致
    6等数字が 3 個が一致+ボーナス数字の1個以上が一致
    1等の当選金は最高4億円、キャリーオーバーで最高8億円です。

    キャリーオーバーとは
    キャリーオーバーとは、1等の当選がない場合、次回の当選金に繰り越すことです。

    「ロト7」の1等の当選金は最高4億円ですが、キャリーオーバーになると次回の当選金が最高10億円になります。

    キャリーオーバーがあるのは、ロト7とロト6だけです。

    ※平成29年2月3日(第198回)より、キャリーオーバー時の1等当選金が 8億円から 10億円になりました。

    クイックピック数字
    次回の当選番号予想



    Copyright (C) LOTO7(ロト7)通信 All Rights Reserved - お問い合わせ -